ショップニュース

GINZA SIX

GINZA SIX magazine – Autumn 2019

2019.09.02



——— Fashion

最近、あるイタリアンレザーのトートバッグを手に入れた。

残念ながらいつも散財しているGINZA SIXで買ったわけではなく、ある日本の女性がたった一人でつくっている、まだ名もなきブランドのものである。

でも、使い始めてみるとそこには、久しぶりに、大きな感動があった。

リアルな編集者が使うという意味で正真正銘のエディターズバッグとしてそれなりに大ぶりの容量ながら、目一杯の荷物を入れてもだらりとせず、程よい緊張感を保ったたたずまい。タフな持ち手は肩にしっとり寄り添う。それでいて素材感は使うほどくたびれることもなく、やわらかく、艶やかになっていく。

そして、このバッグを作っている一人の手から、どうして、このクオリティが生まれるのか。その「ものづくり」の場所を訪れ覗いてみたい、と思った。

一方でGINZA SIXにも言わずもがな、山を越え海を越え、どれもが人間の手から生まれ、その悦びを感じさせてくれる多くのものが集まっている。でも、ショッピングという圧倒的な快感の最中には、その原景までを想像しての取捨選択は、なかなか難儀なのも事実。断捨離の時代に生き、年金の代わりに現金を残さないといけない世代なのに、衝動買いの癖すら治る気配はないのは、本当に困ったものだ。

今回のGINZA SIX magazineでは、そういうわけでときに銀座を離れ、イタリアから日本の地方まで、ものが生まれる場所や人々を旅し、伝えている。

「だから、こんなにしっくりくるんだ」という最愛品の答え合わせを。
「ならば、ちょっと見に行ってみようか」という新たな欲求を。

たとえ衝動買いであっても、そこにもっと悦びを。

「ものづくり」を想像する力で。

GINZA SIX magazine 編集長
岡田 有加



マガジン配布中。閲覧はこちらから
https://ginza6.tokyo/wp-content/uploads/2019/08/454588b2d43d0d6cf30672c82c31edc2.pdf