イベント

銀座ディスプレイコンテスト2020

今年も銀座ディスプレイコンテストの受賞店舗が決定いたしましたのでご紹介させていただきます。
銀座ディスプレイコンテストとは、約40年前から行われている歴史あるコンテストで、毎年最もディスプレイが華やかになるクリスマスシーズンに銀座全域の店舗を対象に審査を実施しております。
優秀な店舗には表彰を行ない、ディスプレイ写真の展示も開催いたします。

受賞作品

日本空間デザイン協会賞

デザインの点で最優秀と認められた店舗 空間活性化により環境への配慮が顕著にみとめられた店舗

  • 松屋 銀座本店 松屋 銀座本店

    松屋 銀座本店

  • ルイ・ヴィトン 松屋銀座店 ルイ・ヴィトン 松屋銀座店

    ルイ・ヴィトン 松屋銀座店

  • セイコーミュージアム 銀座 セイコーミュージアム 銀座

    セイコーミュージアム 銀座

  • エルメス ジャポン エルメス ジャポン

    エルメス ジャポン

  • HOUSE OF DIOR GINZA HOUSE OF DIOR GINZA

    HOUSE OF DIOR GINZA

  • 資生堂パーラー銀座本店 資生堂パーラー銀座本店

    資生堂パーラー銀座本店

  • 銀座通り・晴海通りのイルミネーションとフラッグ 銀座通り・晴海通りのイルミネーションとフラッグ

    銀座通り・晴海通りのイルミネーションとフラッグ

  • 東京メトロ 銀座駅(リニューアル) 東京メトロ 銀座駅(リニューアル)

    東京メトロ 銀座駅(リニューアル)

銀座通連合会優秀賞

銀座通連合会加盟店のなかで、ディスプレイ(空間デザイン)によって街への貢献と環境への配慮が顕著にみとめられた店舗

  • 松屋 銀座本店 松屋 銀座本店

    松屋 銀座本店

  • 三越銀座店 三越銀座店

    三越銀座店

  • ミキモト本店 ミキモト本店

    ミキモト本店

  • HOUSE OF DIOR GINZA HOUSE OF DIOR GINZA

    HOUSE OF DIOR GINZA

  • 東京メトロ 銀座駅(リニューアル) 東京メトロ 銀座駅(リニューアル)

    東京メトロ 銀座駅(リニューアル)

銀座タウン賞

銀座全域から、ディスプレイ(空間デザイン)によって街への貢献と環境への配慮が顕著にみとめられた店舗
継続的な努力・成果も評価し、下記3賞各数店ずつ、計11店舗を選出
◆金賞 最優秀と認められた店舗
◆銀賞 優秀と認められた店舗
◆奨励賞 新しい可能性と将来への意欲を期待できる店舗

金賞
  • イデム&ギルド銀座店 イデム&ギルド銀座店

    イデム&ギルド銀座店

銀賞
  • コムサステージ銀座店 コムサステージ銀座店

    コムサステージ銀座店

  • ボンポワン銀座店 ボンポワン銀座店

    ボンポワン銀座店

奨励賞
  • カルティエ 銀座ブティック カルティエ 銀座ブティック

    カルティエ 銀座ブティック

  • エストネーション セントラル エストネーション セントラル

    エストネーション セントラル

  • ユナイテッドアローズ 銀座店 ユナイテッドアローズ 銀座店

    ユナイテッドアローズ 銀座店

  • モンクレール 銀座 モンクレール 銀座

    モンクレール 銀座

  • YOSEIDO 銀座店 YOSEIDO 銀座店

    YOSEIDO 銀座店

  • 銀座コア 銀座コア

    銀座コア

  • 東急プラザ銀座 東急プラザ銀座

    東急プラザ銀座

  • バーニーズ ニューヨーク銀座本店 バーニーズ ニューヨーク銀座本店

    バーニーズ ニューヨーク銀座本店

受賞店舗のディスプレイ写真展示

会 場: 三井住友銀行銀座支店 ATMコーナー(GINZA SIX 1F)
会 期: 2021年1月9日(土)〜2月26日(金)まで
時 間: ATM営業時間(月~土曜日7:00~24:00、日曜日7:00~21:00)
*最終日は15:00まで

銀座ディスプレイコンテストについて

審査期間: 2020年11月30日(月)~12月11日(金)
対象店舗: 銀座全域の店舗
*銀座通連合会優秀賞は、対象を銀座通連合会加盟店に限る
審査対象: 店舗のショーウィンドウ、ファサード、外観などのディスプレイ(空間デザイン)
審査方法: 日本空間デザイン協会員と銀座通連合会販売促進委員会による。
予備審査で70店舗程度をノミネート。最終審査で入賞店舗を決定。
スケジュール: 予備審査 2020年12月3日(木)
街頭審査 2020年12月5日(土)~12月11日(金)
最終審査 2020年12月15日(火)
審査員: 日本空間デザイン協会
銀座通連合会 販売促進委員会

銀座ディスプレイコンテスト2020 総評

銀座ディスプレイコンテスト審査委員長
山田昌之 (日本空間デザイン協会)

今回は銀座全域から優れたディスプレイが80点ノミネートされ、各賞の選定となりました。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、銀座のディスプレイもどんなに寂しいことになるかと案じましたが、街全体を見た時にさすが銀座だという印象をもった次第です。
おそらくかなり厳しいなかでも、エネルギーをかけて街を盛り上げようとしている各店舗の努力の成果であり、レベルの高いディスプレイが多くみられました。

パブリックな空間デザインとしては、東京メトロ銀座駅リニューアルが完了し、銀座の中心部の地下空間が一新されました。天井が低く、多くの路線が乗り入れる構内ですが、路線別に色分けした光の柱を目立たせて導線もすっきりし、光を巧みにつかい魅力的な上に一層使いやすい素晴らしい空間になりました。
昨年1丁目から8丁目まで整った銀座通りカツラ並木のイルミネーション、今年は各丁を示す数字のオブジェも加えて来街者を迎えました。

この状況下、いかに人の心を明るくするかというメッセージを感じるディスプレイが多く見られました。銀座各所、小さなディスプレイにも心に響く優しさのあるものが数々あり、街を訪れる人々の共感や安心感を生みだしていたのではないでしょうか。
また、銀座タウン賞で評価させていただいたような、長年継続して素敵なディスプレイを創出している店舗は大切な街の支えなのだと感じます。

近年、銀座の光の量があきらかに増えています。イルミネーション技術の劇的発達によって様々な光の表現が可能になり、美しい夜景をつくりだしている一方、街の環境に馴染まない過剰なアピールにつながることもあります。本当に魅力的な光とは何か、技術を制御しながら新しい銀座らしい風景を生みだす努力が必要な時期にあるように思います。

心地よく、いろいろな人が訪れ、いろいろな楽しみ方ができる街・銀座。
今年の状況でも、多くの素晴らしいディスプレイがそんな銀座を彩りました。
ディスプレイ発信者の銀座の皆さまに大いに感謝し、空間デザインが来年以降につながる力を発揮したことを信じ、引き続き期待するものです。

リンクをシェアする