銀ぶら百年

Ginza×銀ぶら百年 Vol.26

西銀座通りの民芸の王様

 西銀座(外堀)通りを新橋のほうへ歩いていくと、8丁目のブロックに入ったあたりに、<たくみ>の看板を出した民芸品の店がかなり昔からある。ひところまでコリドー街裏の高架下にあった<インターナショナルアーケード>のように、東京オリンピックのころに外国人観光客を目当てに店開きしたのではないだろうか...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.25

銀座復興を願って「はち巻岡田」へ

 「はち巻岡田」という店の存在を知ったのは、80年代の中ごろだと思う。5年勤めた会社を辞めて、こういうフリーのライターになって、運よく仕事も順調に増えて、2冊、3冊と本も出た。そんな初期の著書の出版打ち上げかなにかで銀座に通じた編集者に連れてきてもらったのが最初だったはずだ。そのとき、戦前か...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.24

三愛のビルを建てた男

 銀座4丁目の交差点には「和光」をはじめとしてシンボリックな建物が集まっているけれど、北西側の角に建つ「三愛」の円筒形のビルも銀座風景を象徴する物件、といっていいだろう。昭和7年(1932)に竣工した和光(服部時計店)のビル(2代目)ほど古くはないものの、三愛ドリームセンターと呼ばれるこの建...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.23

シャツのナカヤの魂を受け継いだジム

 銀座通りの5丁目東側、ギンザコアビルを通りすぎて、次のみゆき通りとの交差点の手前に銀座ナカヤビルというのがあるけれど、ここはひところまでシャツ(とくにオーダーメード)の老舗・ナカヤ(中屋シャツ店)が店を開いていた場所だ。  ちなみに、インターネットにいまも残るナカヤのHPにはシャツ店の創業・...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.22

百年目の「銀座通連合会」

全国各地の町に‶商店会″というのがあるだろうが、銀座にも「銀座(ぎんざ)通(どおり)連合会(れんごうかい)」という組織がある。大正8年(1919)に発足(11月誕生という説が濃厚)したこの組織、商店会の元祖とか草分けと表現すると、いやウチのほうが先……と、小っちゃいレベルで主張する街も出てくるか...

All List