銀ぶら百年

Ginza×銀ぶら百年 Vol.13

よし田コロッケそば伝説

 銀座でなにか軽く腹に入れたいとき、「よし田」に立ち寄ることがよくある。銀座で「よし田」といえば、そば屋であることはいうまでもないけれど、僕が行くようになったのはせいぜい15年かそこら前のことで、きっかけは新聞で連載していた食のコラムだった。B級グルメやローカルフード……ちょっとおもしろいメ...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.12

パイプとつやふきんの佐々木

 銀座通りを京橋のほうへ歩いているとき、いつも1丁目の佐々木商店のパイプを描いた突き出し看板を目にとめて、ホッとした気分になる。 シンボルの看板  すぐ向こう(北隣)は数年前に出現した「キラリトギンザ」のショッピングビル、手前の伊勢伊も新しいビルに建て替わ...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.11

月光荘とメザシの思い出

 先月、この取材で泰明小学校を訪れたとき、画材屋の「月光荘」のことを思い出した。中学生の時代の美術の授業で、ここのスケッチブックや油絵の具を使っていたのだ。現在「月光荘」は8丁目の花椿通りで営業しているが、当時の店は泰明小のすぐ近くにあった。先日久しぶりに中学時代のクラス会が催されたこともあ...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.10

小学校の王様 泰明小探訪

 数寄屋橋にできた東急プラザ銀座の6階に大阪法善寺横丁の丸福珈琲店が入っている。僕は、東京駅の大丸上階のイノダコーヒとか、東京にある関西の喫茶店が好きで、この丸福も割と立ち寄るのだが、南側の窓際席に座るとみゆき通りの街並みがよく見える。とくに、ちょっと外に突き出した席から眺める泰明小学校の景...

Ginza×銀ぶら百年 Vol.09

銀座の煎餅屋ここにあり

 並木通りは好みの散歩道だ。前に「三笠会館」を取りあげたときに、晴海通りから南側の街並みを描写したけれど、北側もいい。まずは入り口の「テイジンメンズショップ」。いわゆる“アイビー族”の拠点ともなったこの店、いまのビル建てになったのは東京オリンピックがあった1964年(開業は60年)と聞くが、僕が...

下層ページバナー1下層ページバナー1下層ページバナー1
下層ページバナー2下層ページバナー2
下層ページバナー3下層ページバナー3下層ページバナー3
下層ページバナー4下層ページバナー4

© Ginza Information Management