旦ナビ

原点に戻れる3店舗

「原点に戻れる3店舗」

2019.02.01

今回のゲストは、創業51年、銀座8丁目で貸しビル業を営む株式会社銀座ピアースビル社長室長、また自身で立ち上げた不動産仲介及び管理業を営む株式会社M&Lトラスト代表取締役、徳間弘賢です。

徳間さんからのミッションは「原点に戻れる3店舗」ということで銀座を散策してきました!

銀座もとじ

まずはじめに伺ったのは、徳間さんがはじめて銀座でお買い物をした思い出のお店という「銀座もとじ」さんへ。

銀座もとじさんは、女性のきもの専門店・男性のきもの専門店・大島紬専門店の、3つの路面店を構えた呉服店。今回は男のきもの専門店にお邪魔しました。

男性の着物は、シンプルなものが多いと思われがちですが、長襦袢は色合いが豊かでユーモアに溢れたものばかりなんですよ、と二代目の泉二啓太さんにお勧めの商品をご紹介いただきました。

江戸の銀座の古地図をあしらったものや、遊び心のきいた、個性的な長襦袢がたくさん。 袖口時代から見えるので着物と合わせて選んでみるのも良いですし、時には話のネタにもなるので楽しいですね。

また、羽織の額裏も、ご紹介くださいました。

勝ち虫といわれる、トンボなど、額裏には縁起の良い絵柄が人気とのこと。

江戸時代は、奢侈禁止令により、色や模様など自由に楽しむことを制限されていた為、 長襦袢や裏額など見えない部分でお洒落を楽しむ「裏勝り」という文化があったんですね。表地が控えめなため、裏地こそ大切な自己表現だったそうです。

男性専門の着物店なので、男性お一人でも立ち寄りやすく、コーディネートの相談なども気さくに応じてくださいます。ふらっと覗いてみてはいかがでしょうか。

銀座もとじ 男のきもの
東京都中央区銀座3-8-15
営業時間
 11:00 – 19:00 (年中無休・年末年始を除く)
TEL 03-5524-7472
https://www.motoji.co.jp
銀座もとじ公式facebook @ginza.motoji
銀座もとじ 公式インスタグラム @ginza_motoji
維新號 銀座新館

続いて向かったのは、徳間さんが銀座で一番思い入れがあるという中華料理店「維新號」さん。

明治32年創業以来100年以上もの歴史をもつ老舗中華店。今回は、銀座8丁目にある、維新號 銀座新館に伺いました。

”祖父の代からお世話になっており、現在でも新年会をはじめ度々利用させていただいています。”という徳間さん。

なかでも小さい頃からの好物という肉まんは、サイズが大きく、豚肉と貝柱がたっぷり入った維新號さん自慢の大ヒット商品。

店主の鄭さんにお話を伺ったところ、戦後、お店を再開した際、それまで備蓄していた高級食材である干し貝柱を先代が何とか利用できないかと試行錯誤し、おまんじゅうに掛け合わせたところ、好評となりたくさんのお客様に愛される大人気商品となったそう。

維新號さんの中華まんじゅうは、肉まん・あんまんの他に、ごまあんやサイパオ(あっさりとした塩味の野沢菜・貝柱等を使った一品)の4種類があり、テイクアウトが可能です。

そんなおまんじゅうとともに、お店でオススメの商品は、「えび海苔やきめし¥1,600(税抜き)」と、寒い時期にオススメの「なべ煮込みそば¥1,800(税抜き)」

また、平日ランチは¥1,030(税込・限定20食)からとリーズナブル。

銀座の老舗中華店の味を堪能されてみてはいかがでしょうか

維新號 銀座新館
東京都中央区銀座8-2-12
営業時間
 ランチタイム 11:30 – 15:00(ラストオーダー 15:00)
 ディナータイム 16:30 – 22:00(ラストオーダー 21:45)
 ※土日祝日は 11:30 – 21:00(ラストオーダー 20:45)
 ※月~金は15:00 – 16:30はクローズタイム
TEL 03-3575-0611
http://www.ishingo.co.jp/restorant/ishingo/sinkan/index.html
ハイアット セントリック 銀座 東京

最後に向かったのは2018年1月 、銀座6丁目にオープンしたライフスタイル ホテルブランド 「ハイアット セントリック 銀座 東京」へ

銀座の夏の風物詩ともいわれるイベント、「ゆかたで銀ぶら」で、委員を務めていた際、雑誌の取材やイベントへの協賛など快くご協力頂いたスタッフの皆様の銀座の街に対する姿勢に感銘を受け、自分に出来る事を精一杯やろうという気持ちになったという徳間さん。

今回は、3Fにあるダイニング、バー&ラウンジ「NAMIKI667」へ伺いました。 館内は銀座ならではの洗練された開放感溢れる広々とした空間が広がります。

料理長の早坂さんにお話を伺ったところ、銀座という東京を象徴する土地の特性を生かして”東京の食材をご紹介したい”という思いから、料理の基本である「さしすせそ」をはじめとした調味料や野菜・和牛など、東京産の食材を使ったユニークなオーブン料理を提供しているとのこと。”セントリック”は「街の中心」・「情報の中心」という意味が込められているホテルならではのこだわりを料理からも感じることができます。

名物の東京都産トキハソースを使用した知床斜里産 匠の豚-サチク麦王のカツサンドや黒毛和牛バーガーなど、軽食のメニューもあるので、気軽に1杯立ち寄ってみるのもオススメです。

また、午後5時から7時の間は『NAMIKI 5 to 7』ハッピーアワーを展開。季節にあわせて6種のユニークで独創的なカクテルや、ビール、 グラスワインを一律 ¥600 で気軽にお楽しみいただけます。毎週木曜日と金曜日の夜は、都内のクラブやバーで活躍中の DJ が登場。心地よいサウンドを、とっておきのカクテルと共にお過ごしいただけます。

NAMIKI667
東京都中央区銀座6-6-7 ハイアット セントリック 銀座 東京 3F
営業時間
【Dining】
Breakfast 7:00 – 11:00 (Buffet close 10:30)
Lunch 11:30 – 14:30 (L.O. 14:00)
Dinner 18:00 – 22:00 (L.O. 21:00)
【Bar & Lounge】
11:00 – 24:00
TEL 03-6837-1300
http://ginzatokyo.centric.hyatt.jp

プロフィール

成田 美織
成田 美織

2017ミスアース群馬代表・全国大会4位ミス・ファイアー受賞。同年2017Miss Tourism queen of the year世界大会へ日本代表として出場し、各国の出場者達の投票によって決まる、ミスフレンドシップ賞を受賞。現在はモデル・MCとして活躍中。